new bottle

vista

500円で購入した保冷・保温ボトルを自転車に装着して通勤してみた。おあつらえ向きに暑いなか、いつまでたっても冷たい水が飲めるのは嬉しい。しかし、基本的にコップ状のものにそそいで飲むことを前提としているためか、ボトルからそのまま飲もうとするたびにシャツ前面と短パンが水浸しに。少し走るとすぐに乾いてしまうので、あまり気にしなかったが、飲み方にコツがいるみたい。

そして、それより困ったのが路面が荒れている場所では、アルミのボディとゲージがぶつかる音で相当うるさいこと。いままでの静寂はどこへ?最近ではカーボン製の安価なゲージものがあるので、それに変えようと検討中。同時にチェーンもそろそろ交換かも、ショップの店長いわく3000キロから5000キロが目安だそう。現在3500キロくらい。ずいぶんと開きがあるなあと思ったが、こちらは初めて乗っているから、どうなったら交換すべしというのが皆目分からない。オートバイと違ってリアのディレイラーがテンションを架けているので、弛んでくるわけでもないし。

職場でクリートの位置を数ミリ動かしたせいか、帰り道に右側腰痛発生し驚く。ほんのわずかずらしただけなのに・・・。まあ本当の原因かどうかは不明だが。念のため、元に戻して寝る。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.