mosquito coil

mosquitocoil

技術の進歩によって、蚊取り線香もリキッドタイプが主流になりつつある。リキッドタイプを線香と呼ぶかどうかは置いておくとして、最近の私はオリジナル線香に火をつける機会が増えている。金鳥とかアースとか、何となくあの香りが懐かしいというのもあるけれど、煙が出ているのが分かるのもいい。そして、もう10年位前にバリ島に行ったときに持っていった日本製の蚊取り線香の威力を目の当たりにした記憶があまりにも強く残っているというのも理由のひとつ。朝目が覚めて、ベッドの周りを見回すと蚊の屍が累々と広がり、黒い帯のようになっていたのだ。バリ島の蚊には刺激が強すぎたのだろう。そんな蚊取り線香に免疫を持ちつつあるような気がする日本の蚊。妻に言わせると、皮膚の弱い子どもにとって蚊に刺されるとそのあと大変つらいらしい。リキッドタイプは(多分効いているのだろうけれども)、よくつけっぱなしにしてしまう。その分、無駄が多い気がする、楽だけど。:wink:

Czech Rep.

maruetsu

きょうは午前中からマルエツで子どもとビールと枝豆と青空。台風が近いせいなのか、変な雲多し。早朝3時45分からポルトガルで行なわれたチェコ対オランダのサッカーをTV観戦していたので、少しく朦朧とする。それにしても、 Continue reading “Czech Rep.”

Beer

crying

最近の流行は、近所のマルエツにて枝豆、もしくはソラマメと子どもたちを肴にビールを嗜むこと。雨の日でも、からっと晴れた日にも、オープンスペースで買い物客を眺めつつ。:grin:

Goodbye Ray

night

レイ・チャールズがこの世からいなくなりました。日本のテレビでも「Georgia On Mind」をBGMにニュースが流れていました。判で押したように同じ演出が垂れ流されているのを見て、レイ・ファンとしてネガティブな気持ちになりかけましたが、死んだレイはきっと気にしないし、草葉の陰でむしろ喜んでいるかもしれない。東洋の島国で自分の死がこんなに取り上げられているのを知ったら。そう思うと、逆にこれはチャンスかもしれない、扉は開かれているのだ。最初に聴くレイの曲が「ジョージア」だろうと、「What’d I Say」だろうと、彼がソウルを創ったとか、そんなこと知らなくても。多くの人に開かれたレイの音楽は素晴らしいのだ。たまたま私が魅力を感じているのが50年代のレイだっただけ。しかし、多くの人に聴いてもらいたいものだ。あまりにも素晴らしい演奏と唄。「Drown In My Own Tears」を聴いていたら泣けてきたぞ、会いたかったなあレイ。

Rain or shine

rain

きょうは降ったり止んだり、晴れたり、蒸し暑かったりアジアな日。久しぶりに電車に乗って移動中、国書刊行会というユニークな本をたくさん出版している会社が2000年に発売した「ボルヘスの世界」を読んで、ドクター・ジョンの新作を聴いていました。子どもたちは相変わらず一日中、鼻タラシだった模様。ボルヘスに関して日本と海外の様々な作家が論じた文章を集めた世界は、昨日DVDで見た「シカゴ」「戦場のピアニスト」よりずっと楽しい。だいたい「夜と霧」を読んでないと「ピアニスト」はよく分からないんじゃないか?ブルース・ブラザースに出てくるシカゴの方が行ったことないのにシンパシーを感じるし。:roll:

246

246

ジェリー・ガルシアの6枚組CDセットがリリースされるらしい・・・というニュースを聞いて、Rhinoのページを覗いてみたら、案の定だった。「All Good Things」と題されたボックス・セットは、サブ・タイトルに「Studio Sessions」とあるところからも、差別化に工夫が感じられる。というのも、etree.org といった音源サイトにはJerry Garcia関連のライブはたくさん出回っていて、今日だけでも70年代から80年代にかけて9つのライブをダウンロードすることができるので、ライブ音源は買う人いないだろうから。実際いま私は、83年5月28日マサチューセッツのCape Cod Coliseumでの演奏を聴きながら書いている。JGBの演奏はGrateful Deadをさらにユルくした感じで、カバーも多いので、スタジオ・セッションってどうなんだろう?でも、ライナーノーツは読んでみたいと思う・・・こういう人は多いんじゃないだろうか。それを見越してか、他のアーティストだとサイト上で公開していることも多いライナーノーツが、このセットに限ってはトラック・リストのみの掲載になっている。商売上手なライノ。
72年のサンフランシスコでの演奏はかなり熱い。